美容師の年収・給料明細を一挙公開します!

美容院の規模別給料データ

<平成20年 美容師 大規模美容室の給料(従業員1000人以上)>

年収
(万円)
月収
(万円
時給
(円)
ボーナス
(万円)
年齢
(歳)
勤続年数(年) 所定内実労働時間
(時間)
残業時間(時間) 労働者数
(人)
男女合計 352.8 27.6 1458.3 22.1 30.9 6.6 177 12 2500
男性美容師 422.3 32.7 1685.6 29.9 34.4 9.6 178 16 1230
女性美容師 285.4 22.6 1233.3 14.5 27.6 3.8 176 7 1270

<平成20年 美容師 中規模美容室の給料(従業員100〜999人以上)>

年収
(万円)
月収
(万円
時給
(円)
ボーナス
(万円)
年齢
(歳)
勤続年数(年) 所定内実労働時間
(時間)
残業時間(時間) 労働者数
(人)
男女合計 293.3 23.0 1228.4 16.1 26.7 4.1 170 2 12500
男性美容師 304.5 24.6 1422.0 9.33 26.7 4.5 171 2 2950
女性美容師 288.7 22.5 1318.1 18.2 26.7 4.0 169 2 9550

<平成20年 美容師 小規模美容室の給料(従業員99人以下)>

年収
(万円)
月収
(万円
時給
(円)
ボーナス
(万円)
年齢
(歳)
勤続年数(年) 所定内実労働時間
(時間)
残業時間(時間) 労働者数
(人)
男女合計 274.3 22.4 1174.9 5.0 30.6 5.1 186 5 20930
男性美容師 308.6 25.5 1318.7 3.2 29.8 4.4 188 5 7340
女性美容師 255.8 20.8 1095.8 5.9 31.0 5.5 186 4 13590

大規模美容院と小規模美容院の給料比較

年収を比較すると、大規模美容院の平均年収は、小規模美容院よりもはるかに高いことが分かります。

特に男性の場合は、年収で120万以上の差がついており、今後もこの傾向は強まるでしょう。

ボーナスの額も明らかに違います。

男性の場合、大規模の美容院では平均で30万円以上もらえているの対して、小規模美容院では3.2万円となっており、10倍以上の差がついている事が分かります。


待遇も大規模美容院の方が良い!

また、年収や給料だけでなく、待遇もやはり大規模美容院の方が良い事がデータから分かります。

例えば、実労働時間が小規模美容院よりも大規模美容院の方が10時間以上少ない反面、残業時間は大規模美容室の方が多いです。

一見すると、大規模美容院の方が労働時間が多いように思われますが、大きな間違いです。

データから分かる事は、大規模美容室は残業代をちゃんと払っており、小規模美容室はサービス残業が多いという事です。

美容院に限らず、企業は大きい方が安定しているので、必然的にコンプライアンスが守られています。

長く働くなら転職も視野に!

長く勤めるなら、待遇は勿論の事、やはり給料を一番に考えて選ぶべきです。

特に男性の場合は、小規模美容院で働く場合と大規模美容院で働く場合を比較すると、生涯年収で大きな差がついてしまいます。

年間120万円の収入の差が、30年続けば3600万円です。

美容師は技術職なので、1つの職場にこだわらず、出来るだけ待遇と給料の良いところを目指しましょう。

美容師の給料明細メニュー